式の種類を理解する

一般的なタイプや豪華な式

お葬式

大田区で行われている式は1種類だけではなく、いくつかの種類があると言われています。一般葬と呼ばれる大田区でも大半が執り行う式では、近所の人や知人、友人、職場の人など、故人と関係を持っていた様々な人が告別式に参列します。一般葬の場合は参列する人も多いので、少人数で行なう式に比べると準備や費用がかかると言われています。一般葬よりも豪華な式になると、著名人や有名人、会社の代表取締役などの葬式の場合が多いです。こうした式では、故人と関係は無くとも故人のことを知っているという人が参列する場合もあります。会社や団体で行なう葬儀の場合も、こうした豪華な式になることが多くあります。名の知れた人でなくても、故人を豪華に送り出したい場合は、豪華に告別式をするのも良いでしょう。

少人数の式

現代の日本で増えつつあると言われているのが少人数の葬式ですが、そのスタイルもいくつかに分けられます。人口の多い大田区でも、核家族化が進行しているので、こうした少人数の葬式ができる葬儀社も数多く存在しています。大田区で行われている少人数の式の中でも、直葬と呼ばれる式の場合は告別式やお通夜も行わず、そのまま火葬に入る場合がほとんどです。かなりシンプルな葬儀となるので葬儀費用もかなり抑えることが可能になります。直葬に加えて家族葬や密葬と呼ばれる式もあります。密葬の場合は家族葬とは違い、友人も参列しますがかなり限られた人のみとなります。家族葬の場合は身内を中心として執り行う式になっており、参列者に対する気遣いをする必要がないので、喪主となる人も精神的負担が少なくて済むでしょう。